クレジットカードを家族で使うなら家族カード

クレジットカードは原則本人以外は利用できません

現金を持たなくても店頭でのショッピングができる。
カード会社が支払いを肩代りし、後日利用者がカード会社に対して支払いをする。
これはクレジットカードの基本的な機能です。

近年では、こういった基本機能に加え、インターネットを介しての通販の決済時、
さまざまなサービスでのポイント制度の充実など、
カード利用によるメリットが大きくなっていることから、
さらに多くの方に利用されるようになっているクレジットカード。

通常クレジットカードを作成した場合、
そのカードを使用することができるのは申し込みをした本人に限られます。

あまり知られていませんが、カードは申込者の所有物になるわけではなく、
カード会社から借りている状態である、というのが本当のところです。
そのため、本人以外の人に譲渡したり、貸与したりすることは認められないのです。

家族の方も使いたい場合

つまり、契約者以外は使用できないことになり、
例えば家族であっても同一のカードを使うことはできません。
専業主婦の方や、大学生のお子さんなど、基本的に収入のない方が、
それぞれにカードを作成するとなると、作れないわけではありませんが
それはそれで手間ですし、ある程度、機能も制限されてしまうことになります。

このような、カード契約者のご家族もクレジットカードのメリット・特典を
享受することができるようにしたい場合の選択肢として、
家族カードという形で、クレジットカードを発行することができます。

家族カードを作るには

家族カードを作る場合、本契約をしている方の収入によって審査が行われます。
新規でのカード申し込み時に、同時に家族カードを申し込みできる場合と、
本契約の申し込みとは別に、家族カードの申し込みが必要な場合とあります。

また、発行できる枚数についてなど、
このあたりはカードやカード会社によって条件はさまざまですが、
ほとんどの場合、家族カードの申し込み条件は下記の通りです。

家族カードの申し込み条件

家族カードを利用するメリット

家族カードを利用するメリット

家族でカードを利用できるメリットとしては
配偶者が普段の日用品の買い物や食料品を買うときの支払いに使えます。
一枚しかカードがなければ家計を共にしている配偶者が使うことができませんが、
家族カードがあれば家族でポイントをためられるのです。

他にも一人暮らしをしている大学生の息子に対して家族カードを持たせることもできます。
これなら仕送りをする必要もありませんし、限度額を設定すれば使いすぎることもありません。
更に子供がどのような使い方をしているのかを明細によって知ることもできます。

また最近では、海外旅行保険つきのカードが人気ですが、
家族カードでも本契約のカードと同等の保障が受けられるものもあります。

キャッシング枠はどうすべき?

種類によっては初めからキャシング枠がついていないものもありますが
家族カードにも枠が付与されてしまうものもあります。
ご家族にキャッシング枠も自由に使っていいぞという本会員もそうはいないでしょうし
かといって自分はキャッシングをたまに使いたいという方も意外といるでしょう。
管理的な意味合いで即日融資 キャッシング という便利な専門サービスがありますから切り分けて利用するのが安全かと思います。
つまりクレジットカード側のキャッシング枠は使えないようにしておき、本会員のあなただけ
専門カードを利用するという方法が間違いがおきず良いかと思います。
沢山のカードを持つのが面倒な場合は、カードレスや、既に持っているであろう銀行のキャッシュカード
と一体型のものを選択すると良いでしょう。